成型品の特性について

成型品を成型するときに発生する外観上の特性です。
弊社の商品は印刷を前提としておりますので、ほとんどの場合、印刷を施すと目立たなくなります。

現状では下記の現象を回避することはできません。各商品ページの説明欄をごらんいただき、現状のままでご使用いただくことを前提として販売いたしております。

ご使用の際は外観上の特性をご考慮いただき、さしつかえないとご判断されたうえでご使用いただきますようお願いいたします。

(1) ウェルドライン
樹脂が型に充填される時にできる流入痕。(つなぎめ)

(2) ひけ
樹脂が冷えて固まるときにできるくぼみ。

突起の反対側にできやすい

(3) そり
樹脂が冷えて固まるときに反ってしまい曲がってしまう
(4) ゲートカット痕
製品とランナー(樹脂を注入するための樹脂の通り道)を切り離すときにできる切断痕

(5) 突き出し痕
製品を金型から抜き出すときに、突き出しピンで押して離型するときにできる痕